ホームジムのメリットとデメリットを紹介

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ホームジムって憧れるけど、実際どうなの?

ホームジムって結構憧れますよね。

私はコロナがきっかけでマンションにホームジムを設置して、1年以上筋トレをしています。

この記事では、1年以上筋トレを継続してみて感じたホームジムのメリットとデメリットについて解説していきます。

ホームジムに移行することで、こちらで紹介した筋トレのデメリットをほぼ解消することができます。

この記事を読めば、ホームジムを設置するかどうかを判断できるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

ホームジムのメリット

コストは初期費用のみ

コストがかからないのはホームジムの最大のメリットとも言えます。

ジムのように定期的にコストがかかるものと違い、一旦必要な道具屋器具を揃えてしまえば、それらが壊れるまではコストは基本的にかかりません。

私は最低限のものだけでホームジムを設置しました。

揃えた器具はインクラインベンチ、ダンベル、マットだけです。

ホームジムで最低限揃えるべきアイテムについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

合計で5万円以下で揃えました。最低限これだけあれば全身を鍛えることができます。

ジムの会費が1万円程度だとすると、半年でペイできます

筋トレのデメリットはお金がかかることです。少しでも節約したいという方にホームジムはおすすめです。

時間を節約できる

ホームジムはジム通いと比べて時間も節約できるのもメリットの一つです。

まずジムへの移動時間がなくなります

ジムに通うと必然的に発生する時間で、積み重ねると結構な時間になりますよね。

ジムに通うために5分移動しているとすると、毎回10分、週4日で1年間継続した場合、

10分 × 4日 × 4週 × 12ヶ月 =    1920分(32時間)

となります。

ジムへの移動時間だけで年間1日以上の時間を失う計算になります。

ホームジムにすることでこの時間を有効活用できます

次にジムでマシンが埋まっているときに発生する待ち時間がなくなります

ジムに通うと、マシンが埋まっていて、トレーニングできなかったりすることがありますよね。

マシンが空くまで待つあの時間、私は苦痛で仕方なかったです。

時間の浪費以外の何者でもありません。

マシンが空くまでに別のトレーニングをして待つときもありますが、やりたいトレーニングができないのは結構ストレスですよね。

ホームジムにすることで、そのストレスからも解消されます。

お手軽にトレーニングできる

ホームジムであれば好きな時間にトレーニングできますし、ジムに通うときのようにいちいちちゃんとした格好に着替えなくていいので気楽です。

また、ジムと違って、家だと何でもありなので、筋トレの合間のインターバルなんかに読書をしたり、英語の発音練習したりと、ジムではできないことをやることもできます

ホームジムのデメリット

場所を取る

これはどのような器具を揃えるのかにもよりますが、一定の場所の確保は必要になります。私はマンション住まいなので、必要最低限のものだけでやりくりしています。

最低限、インクラインベンチ、ダンベル、マットは必要です。

この場合ですと、2畳くらいのスペースがあれば大丈夫です。

私の場合、さらにインクラインベンチは折りたためるようなものを使っているので、普段は全く場所を取らないように工夫しています。

自分で器具のメンテナンスをする必要がある

当然ですが、自分の購入した器具のメンテナンスは自分でする必要があります。

定期的にメンテナンスしないと怪我につながるので、ここはやるしかないです。

モチベーションの維持が大変

家でトレーニングするということは様々な誘惑がありますし、そもそもリラックスする場所でスイッチを入れてガッツリ筋トレをするというのは意志の強さが多少なりとも必要になります。

私のお勧めは一度ジムに通って筋トレの経験を積んでからホームジムに移行することです。

理由は筋トレをある程度していくと、せっかくつけた筋肉を落としたくないというマインドが働いてくるので、継続できるようになります。

その状態になってからホームジムに移行すれば様々な誘惑に勝つことができるでしょう。

最初からホームジムにして筋トレを始めるとモチベーションが続かないのでお勧めしません

負荷が足りない

ホームジムでもパワーラックやバーベルを置けたりする人は別ですが、私のようにダンベルだけでトレーニングせざるを得ない人にとっては、重量が物足りなく感じる時があります。

私はジムに通っていた頃は普通に100kgでスクワットをしていたのですが、ホームジムではなかなかそのようなトレーニングはできません。

限界まで追い込めない

筋トレは限界が来てからどれだけ頑張れるかが勝負です。

ジムであれば、最後の一回を上げた後に全く余力がなくなり、ダンベルをそのまま床に落とすことができますが、家だとそれできません。

家の場合はダンベルを静かに床に降ろす余力を残しておかないといけないので、最後の最後まで追い込むことができないのです。

これはまさに私の今の悩みで、何か改善できないかを模索中です。

まとめ

私は子どもが2人いるので、なかなかジムに通えなくなってきたこともあり、ホームジムに移行しましたが、それなりに全身を鍛えられているので、満足しています。

皆さんもホームジムのメリット、デメリットを理解した上で、検討してみてはいかがでしょうか。

理想の体を目指して一緒に頑張りましょう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる