在宅勤務で成果を上げるためにやるべき7つのこと 

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

在宅勤務(リモートワーク)ってオフィスでの勤務に比べて、集中できない、やる気が起きない・・・。

しっかりと成果を上げるにはどうしたらいいだろう・・。

家だとどうもやる気が起きない方、多いのではないでしょうか?

この記事はそんな悩みを抱えている人に向けて、1年半以上ほぼ在宅勤務で仕事をしてきた私が在宅勤務で成果を上げるためにやるべきことを解説しています。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク
目次

集中できる環境を整える

まず、やるべきことは仕事に集中できる環境を整えることです。

できれば書斎のような仕事に集中できる部屋を確保することが一番ですが、難しい場合はできる限り、誘惑の多いものは部屋から排除しましょう。

漫画、テレビ、ゲームなどは真っ先に別の部屋に移動させるか、目隠しをして視界に入らないようにしてください。

スマホやスマートウォッチの通知も必要最小限にしておきましょう。

また、デスク環境には惜しまず投資をしましょう。

快適なデスク環境を構築するためのおすすめアイテムは下の記事を参考にしてみてください。

身だしなみを整える

ここではオンとオフの切り替えが重要であることをお伝えしたいです。

やはり寝癖がついたまま、髭を剃らないまま、部屋着のまま仕事をしていてはオフ感が抜けません。

オンとオフを切り替える手段の一つとして、あえて身だしなみを整えて在宅勤務に臨んではいかがでしょうか。

普段リラックスして過ごす家で仕事をするとなると、このようなトリガーを作ることで、一気に仕事モードに切り替えることができます。

朝食を食べない

朝食を食べると血糖値が急激に上がり、インスリンで血糖値を急激に下げようとするので、そのタイミングで仕事をしていると眠くなります。

本来ならば午前中は一番生産性が高い時間帯なのですが、朝食を食べたせいで集中力が低下するなんてことが起こります。

人間は空腹時の方が集中力は高まりやすいそうなので、朝食は食べない方がいいでしょう。

また、在宅勤務をする日は通勤する日に比べて、消費カロリーが圧倒的に少ないので、在宅勤務の日に朝食を抜くことによって、肥満防止にも繋がります

最初は空腹が辛く感じるかもしれませんが、数日で慣れます。

ちなみに私は午前中は水とコーヒーだけで乗り切っています。

私が実践しているものは16時間のプチ断食というものですが、体験談についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

集中できる音楽を流す

自分の好きな音楽を聴きながら仕事ができるというのが、在宅勤務のメリットのひとつなので、ぜひ集中できる音楽を聴いてみてください。

私はApple MusicやSpotifyなどでクラシックや勉強に集中できる音楽のプレイリストを流しながら仕事をしています。

ちなみに私のおすすめのスピーカーはHome Pod miniです。

iPhoneを近づけるだけで音楽が転送されますし、音質もかなり良く、コンパクトなので、かなりおすすめです。

チャットでこまめにコミュニケーションをとる

在宅勤務になると、対面でのコミュニケーションができないので、一人で悶々とする時があると思います。

そんな時はぜひチャットを活用してこまめに同僚と連絡を取り合いましょう。

チャットを使うことによってタイムリーにコミュニケーションを取ることができ、孤独感を下げることができます

予めグループを使っておけば関連メーンバーと一気に情報のやり取りもできるので、便利です。

また、相手も在宅勤務の場合はいきなり電話をかけたりするのは基本的に迷惑なので、やめたほうがいいでしょう。

電話をしたい時には一度チャットで電話をしてもいいか、相手の都合を確認すべきです。

ランチ後はベッドで仮眠をとる

まず、在宅勤務、オフィス勤務に関わらず、ランチ後は15分程度の仮眠を取ることをお勧めします。

理由は午後の集中力を高めるためです。

オフィスでは机の上で仮眠を取るしかありませんが、在宅勤務では堂々とベッドで仮眠を取ることができるので、ぜひベッドで仮眠をとりましょう

ここで、注意ですが、ベッドで気持ちよくなりすぎで、何時間も寝ないように必ずアラームをセットしましょう。

時々外もしくはベランダに出て太陽光を浴びる

集中力が切れてきた時には、外かベランダに出て、太陽光を浴びましょう。

太陽光を浴びることによって一度脳内をリセットすることで、再び集中力を高めることができるでしょう。

まとめ

在宅勤務で成果を上げるためには、自己管理能力を上げないといけません。

この記事を参考にしながら自分に会う自己管理方法を見つけていただければと思います。

一緒に在宅勤務で成果を上げていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる